検査科

検査科では医師の指示の下、臨床検査技師が、病気の診断や治療効果を見るための様々な検査を行っています。検査にはたくさんの種類がありますが、大きくは検体検査と生理検査の2つに分ける事ができます。
検体(けんたい)検査
患者さんから採取した血液や尿などの検査です。

外来での採血は、検体採取後の適切な検体処理・迅速な結果報告のために、主として採血室で検査技師が行っています。西区病院の検査室では、血液検査の一部と尿検査・インフルエンザ検査などの緊急検査を実施しています。
患者さんとのふれあいも大切にして、細やかな対応を心がける事をめざしています。
生理(せいり)検査
直接、患者さんの体にふれて行う検査です。

心電図検査、心臓・腹部などのエコー検査、24時間心電図、呼吸機能検査、血圧脈波検査などを行っています。検査内容の説明、検査を受ける環境の工夫などで、患者さんが安心して検査を受けられる事を心がけています。
また、日々進歩する検査の新しい情報や技術を身に付けるために、研修会への参加、認定資格取得、学会発表に取り組んでいます。勤医協札幌西区病院の医療を支える一員として、今後もより良い検査を提供できるように、これからも努力していきます。
検査紹介

尿素呼気試験

胃の中にヘリコバクター・ピロリ菌がいるかを調べる検査です。検査用の薬を服用する前後の吐いた息を集めて測ります。保険適応される病気には制限がありますので、医師にご相談下さい。
注意)当日は、検査終了まで絶飲食です。(検査予約時に詳しくご説明いたします。)

外来受付

診療日
月~金・第一第三・第五土

休診日
第2/4土曜日・日曜日・祝祭日、年末年始(12月30日~1月3日)

診療時間
[午前] 8:30~11:30【診療開始 9:00】 / [午後] 13:00~16:00【診療開始 13:30】

診療体制表